SDGs活動

SDGs活動

マキアレイベルはSDGsの達成に取り組みます

マキアレイベルは“あなたの輝きひらく鍵”をブランドアイデンティティとして、お客様一人ひとりの生活が一層輝いてより豊かになるような製品・サービスのご提供に努めています。

自分らしく、美しくあるために毎日使う化粧品だからこそ、心地よくストレスなくお使いいただくことが大事だと考えます。その心地よさとは肌にのせたときだけでなく、お客様のお手元に届くまでの過程や使い終わった後も同様です。

毎日の生活に取り入れやすいように、また、これからも変わらず選び続けていただけるように、マキアレイベルもSDGsに賛同し、今できることを一つ一つ取り組んで参ります。

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。「人々の生活をより豊かにする」という理念のもと、持続可能な社会の実現に努めてまいります。

活動方針

環境にやさしい製品づくり

環境への負荷を低減するために、リサイクル資源の活用や製造・廃棄時に発生するCO2をおさえる素材を使用した容器・包材の採用を積極的に進めています。

環境にやさしい製品づくり

CO2削減のために
配送回数を減らす取り組み

環境省が立ち上げた「COOL CHOICEできるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン~みんなで宅配便再配達防止に取り組むプロジェクト~」に賛同し、不在時でもポストに投函できるメール便の拡充を進めています。

CO2削減のために配送回数を減らす取り組み

ペットボトルのリサイクル活動

ペットボトルのキャップを分別して集め、エコキャップ推進協会へ送付。キャップの焼却処理で排出されるCO2削減、発展途上国の医療支援などに貢献しています。

ペットボトルのリサイクル活動

従業員が働きやすい環境づくり

性別や年齢に関わらず、多様な人材が活躍できる環境作りを推進しています。有給休暇や育児休暇の取得促進、女性管理職の積極登用、アクティブシニアの再雇用など、すべての従業員が働きやすい環境作りに努めています。また「子育てサポート企業」として厚生労働省の認定を受けています。

従業員が働きやすい環境づくり

地域の環境を守っていく活動

一般社団法人アースプロジェクト福岡が主催する地球環境保全活動「フクオカアースエイド」に参画。また、世界遺産宗像・沖ノ島と関連遺産群を守り伝える活動など、地域の環境を守る活動を今後計画し、取り組んでいきます。

地域の環境を守っていく活動

ピンクリボン運動

NPO法人J.POSHのオフィシャルサポーターとして、乳がん検診の啓発運動や寄付などを通じて貢献していきます。

ピンクリボン運動

福祉施設でのイベント開催、寄付

老人福祉施設などでのスキンケア・メイク講座や商品提供を通じて、いくつになっても美しくありたいという女性を支援していきます。

福祉施設でのイベント開催、寄付